2011年12月24日

マイペースなオブリビオン part.126



 part126。概ねアサクリ新作をやってました。内容は… びみょ〜じゃないかなぁ…?

 再現されたコンスタンティノーブルの街並み。晩年のエツィオ最後の旅をたどるストーリ。進化した「鷹の目」と、新しい爆弾システムによる戦略性の向上。新武器「フックブレード」による戦闘・移動中アクションの増加(とくにフックブレードで敵を投げ飛ばすのはチョー楽しい)。弟子育成システムの進化、拠点防衛でのリアルタイムストテラジーな戦い、弟子を派遣することで街を侵略・成長させる育成シミュレーション要素などなど、やりがいあるコンテンツ目白押し……
 そのどれもがうまく噛み合っていない!
 という印象でしたねぇ。

 まず街は、ACBHのパンテオン前の都会ぽさとコロッセオ周辺の田舎くささみたいな地区ごとの特色がない。どこ行っても似た風景なので二周しても「自分がどこいるかよくわからん」となりました。地図が必須です。警察はやめてください、迷子じゃありません。
 戦略性は特に問題ないんだけど、ターゲットロックがやりにくくて暗殺誤爆(一般人)しまくり。フックブレードで投げた的を自動追跡するせいで「屋根の上から強制投身自殺」なんか、もうありすぎてこまります。
 弟子育成システムは、弟子のキャラ付が面白くてよし。だがその結果、収集要素にもなる「拠点防衛」ゲームがプレイできなくなるのはどういうことかと問い詰めたい。
 派遣システムにいたっては、完遂するには40人以上の弟子をあつめ、育てて、数十分毎に指令を出さないと動かないという面倒くさい仕様。気になり始めるとメインストーリーもおちおちできやしません。
 前情報にあった「街を歩いてたら発生するよ」というイベントも「荷物運び」と「ストリートファイト」以外存在しないというあっけなさ。  ついでに言えばストーリー短い!。潜入シーンの間が抜けたエツィオとか、熱い追跡行とか、討ち入りシーンなどはとても楽しいんですけどねぇ。

 とまぁ、つらつらと不満点を並べましたが、要するに「いろいろ遊べる要素がてんこ盛りにしてみたけど、ゲーム全体としてみた時の整合性がちょっとおかしい」所が「微妙」と評した所以です。
 ストーリーは今までの多くの謎が明かされるターニングポイントで、特に「3人」が会するシーンなど胸熱ですし、あくまで「微妙」なだけでゲーム自体は楽しかったです。これらの問題を糧に、次回作にも期待ってことかな?

 と、アサクリ談義はここまで。
 動画のお話です。


 今回の人物は「ギルバード・ジェメイン」。当動画をご視聴の方には言わずと知れた「助けが必要かい、友よ」の人です。初登場時は「バグ」か「心霊現象(大穴)」か!? と、心底ビビり。なぜか弾幕と化してからは寝付くのが怖くなり「できればシェイディンハルに近づきたくない」理由の双頭、「一党」「二次元」に肩を並べたほどです。
 そんな彼が今では立派なゲストキャラとなり、その父親の負債はナチュラルにパピコへ向かうというヤーな因果関係にあります。
 しかし、彼の故郷に馳せる思いがPAPICOの「家に住む」という迷いを確固としたこともあって、断ることもできません。彼なくして3章はなかった。

 しかし事は彼の知らぬ、父の裏の顔についての話。そして発見した、ちょっと厄介そうなアレ。さて、どうしたものでしょうね…

 ちなみに…
 今回の動画更新が遅かったのは…まぁ、出来上がるのも遅かったのもありますが

 1.動画作成→Up→「容量オーバーです」/(^o^)\
 2.動画再エンコ→あれ、(1で)うpしたよね…→存在を忘れる
 3.数日後、うpしてないことを思い出す→うp→情報入力→明日公開だ
 4.公開するの忘れてる

 別に意識的に、遅くしようとは思ってませんよ!?。ただ、どうも気が抜けているようです。


 さて、驚天動地の2011年。皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。
 日本では主に大災害、海外で吹き荒れたのは革命の春。そこには関係するのか私も色々騒がしく、胸苦しく動揺の続く落ち着かない年でありました。
 動画については初期の高速うpはなりを収め、結局11の動画しかうpできませんでした。多分、来年もこんな感じで進むのではと思います。それでもお付き合いいただければ、至極幸いです。

 そして来年、1990年代から一部の人が騒ぎ続けた「マヤ文明の予言した終末の年」らしいのですが、今年がコレなら「もうなんでも来いや」て感じですが、自棄にならず鼻でせせら笑いながら迎えたいものです。

 てわけで、一足早くは在りますが皆さん、良いお年を。
 そしてメリークリスマス。

 また、part127でお会いしましょう(´ω`)ノシ

 PS. 年末はSkyrimしようかどうか悩み中…

posted by LED at 02:16 | Comment(24) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

マイペースなオブリビオン part.125



 ε=\_〇ノヒャッホーイ!!

 最近では珍しく2週間での更新です。LED、がんばりました!
 と、言っても。今回は「会話ばかり」「手の込んだなにかを何もしてない」という、思えば極めて珍しい状況だってことが多いでしょう。しかし実績は実績だ。箱○の実績だって、一度とったら消えないので「確定的な速度による更新達成」は断固として動かない事実として認定します。

 それでも遅い…か。

 今回はカシミール卿の言ってた「乞食をシバき倒して神の呪いを受けたせいで本人も篭手も動かなくなっちゃったので回収してきて」ってエピソードですね。
 この呪いというのは「体がうごかなくなって気力も失われて身動きできなくなる」という、なんだかよく分からない内容です。端からその状態をみたら、どーみても「ニート」だろー…と言いたいのですが、実は私もそれに近い状態なことがあったりして笑えない…。

 というのは、さておき。これは厄介な呪い。解呪方法は「他の誰かに移す」という、なぜか小学校の頃を思い出するような意地の悪いシロモノです。誰かが不幸にならざるを得ない状況で「聖騎士の篭手」を得て「聖騎士」になりたいPAPICOにとっちゃ、ありえない解決方法なわけですが。さて、この試練にPAPICOはどう立ち向かうのか。解決方法はあるのか!?


(80) 「せいかい:たまねぎを連れてくる」 11/19 21:5

それに気づくとはおまえ天才か!?

 目からウロコでした…



 そして今回の人物辞典は、全ての元凶カシミール卿。登場理由は「エピソードの前フリが前すぎて思い出せない」的なものです。
 旧九大神騎士団にて、アミエル卿とロドリック卿が決別した際、ロドリック卿側に付き「レッドダイアモンド戦争」に身を投じた、というのは書いてある通り。
 騎士団の中で早期に「篭手」を入手していたあたりを見ると、かなり優秀な人であった事が伺えます。
 事実、呪いを受けて体が動かないというのに、子作りに励んだんですよ?タダ者ではありません。(すでに子供いたという意見は無視)
 でも不条理だなぁ。幽霊として存在するなら、子孫じゃなくてそっちに呪い行けばよかったのに。そうすれば決闘が楽にs…ゲフンゲフン

 んじゃ、次もできるだけ早めに更新できるよう頑張りたいと思います。何も確約できない自分がもどかしい。
 ではまた次回〜


posted by LED at 02:41 | Comment(3) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

マイペースなオブリビオン part.124



 3週間以内といったな、アレは嘘だ。

 こんちは、LEDです。マイペースすぎるオブリビオン part.124をお送りしています。
 もちろん三週間を目処に順調に作ってたのですが、ちょっとアレやコレがあってそれどころではない状態に。そして疲労した状態で、さらに作っていたのですが…
 本当に疲れている時ってダメですね。普段、抑圧されたいるリミッターが解除されてしまうようです。
 で、前夜にコメした部分を読み返してみると
「行けよダイフク、その蹄を天に搗きたて神の祈りをナンタラカンタラ」とか
「インテリヲをしぶkキエエエエエエエエエエえええええええええエエ」とか
「うおおおお!すっげ朝だ!マジ朝みてぇいてぇ、いてぇよ、どうなってんだよwwっw」など
 奇想天外かつ高濃度の厨二成分を装ったキ○ガイコメントが全体の30%を締めてました。
 翌日見なおした私の反応はまさに「(;゚Д゚)ポカーン」。
 そこで「なんかキチガイな内容の動画ができた」と某所で言ったら「それを公開しろ」とかのたまられました。「私の何かが砕けてしまう→再起不能」という理由で丁重にお断りさせて頂いた上で、大幅に作りなおして更に遅れた…と。
 みんな、疲れらムリせず寝よう。布団しこう、な!布団!



 人物辞典はおなじみ。デイドラ王の一人、シェオ爺ことシェオゴラス。半裸の信者を抱え、PAPICOに村の壊滅(未遂)を依頼し、褒美の杖でPAPICOを窮地に落とし、転居祝いに呪いの像を送りつけ、PAPICOを異世界に呼び寄せ、タマネギがアレするという。作中、特に活躍するわけでもなく予定もないのに存在感をふりまき暗躍してくださるじぃ様です。爆ぜて散れ。
 そんな事より、前回紹介したヘンリック卿に首が生えた事のが一大事ですよ。コメで「ずーとこのままなのに」と聞いてて油断してたらコレだ。しかし私は認めない。アレを断じて「首」と認めるわけにはいかんのですよ…
 さもないと…大して温めてもいないネタの数々がorz

 さて、次はいつの更新になるかな。そういうしているうちに「ゼルダ新作」とか「ElderScrollV Skyrim」などが発売されますが、今回は全力で無視させていただきます。やってる時間ないですって…(;;´ω`)
 では、また次回をお会いしましょう。
 LEDはこのまま眠らせてやってくれ。死ぬほど疲れているんだ…

PS. ユーザアイコン好評なようでなにより

PPS. Skypeで絶不評だったんだよね…


posted by LED at 00:05 | Comment(2) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

マイペースなオブリビオン part.123



 動画も去ることながら、ブログ更新も遅れてLEDです。Gears of War 3やってた。

 今回はpart.123。数字並びでなんかめでたいよう気がする回。
 また、PAPICOがエンチャ装備で再び旅に出る回…と思ったら尺が足りなくなったでござる回。アレやコレや茶番組み込んでたら…ね。
 次回はちゃんと旅立ちます。
 あと…結局、アズラ・スター使いませんでした…いや、使ったか。なんにせよ順風満帆だと思っていた戦闘中に言われた「スキル足りねーよ?」の文字を見たときのパニくりようったら。

 今回も、前回に続きダンス動画との絡みを展開しています。今回はパピコ会場入場編と言いましょうか。あの動画の話しを最初に聞いた時に「あ、かならずここでやろう」と思ったネタ。これをダンス動画公開早期にできれば宣伝になる!!…と踏んでいたのに、肝心の私の動画のほうが2ヶ月遅れとなりました。うーんこの動画の機動力の悪さはマジっべーですね。っべー。



 人物辞典は九大神の騎士団より、ジュンカン卿に続いてのデュラハンヘンリック卿のご登場。騎士団唯一のクレイモア使いで、その重量を生かした攻撃力を如何なく発揮してPAPICOを苦しめてくれました。いやはや、あの決闘で最大の山場でした…
 戦闘の荒々しさとは対照的に、頭が切れ、無用な争いを嫌う温厚な人間であったようです。
 また、騎士団が崩壊すると見るや、発見した「聖騎士の盾」を独自のコネで封印しようとして、それを狙って襲ってきた盗賊を単身迎え撃って討ち死にするという、騎士団連中の中でも1・2を争うかっこいい死に様エピソードをお持ちです。
 控えめに見ても、立派な騎士様なんですけどね〜。なんででしょうね〜。
 なんで首がないんでしょう?

 生前、よほど人にいえない趣味をお持ちであった罰にちがいないと、PAPICOはにらんでいます。

 では。えー、今日はこのくらいでいい?GoW3したいよ?
 更新スパンが月一で確定しつつあるのがちょっと嫌なので、次回はもちょっと早めにしたいと思います。目指せ、part124は3週間以内!それまでGoW3を終わらせる。あと銀銃も終わらせ…られる気がしないです!最低難易度のStage3すらクリアできません!

 では、また次回をお会いシましょう。


posted by LED at 01:17 | Comment(4) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

マイペースなオブリビオン part.122



 ちぃ〜っす、LEDで〜す。みなさん盆休みはどうお過ごしでしたでしょうか。
 私はというと「盆は会社の暦上、休みはないからね〜。休んでもいいけど給料でないから。だから休んで」というトチ狂ったボンホリデーを過ごしていました。きっとダメな会社です。ていうか、確実にアウトです。どうしてくれよう。

 part.122はなんか色々つめこんだような回になってしまいました。
 その為のMODをつくりまくったのですが、幾つかは「Construction Setが落ちすぎ」なのと、「尺が足りない」という理由で次回持越しです。ま、宣告するほど大したものじゃないのですけど。

 今回手に入れたアズラ・スター。軽く説明しようかと思ったところ、あまりにも正鵠を射たコメントがありましたので、その引用をもって説明に代えさせていただいます。
 「要するに早い話がeneloopゲットってことだなw」
 的確すぎて、補足説明の余地もありません。サー!

 ま、どっちにしろ次回使うから説明のひつよーないか。



 で、そのアズラスターを下賜されたデイドラの女神、アズラ様。手に持った太陽と月のオブジェのとおり、「明けと宵い」を支配してらっしゃいます。意味はよくわかりません。
 シロディールの女神の中では「愛の女神」ディベラと争わんばかりの信徒を持っているのは「愛→性愛→エロ」とか「まるだし」とかその辺に理由があるよーな気がします。
 あと九大神に対してデイドラはよくも悪くも気安い存在で、かつアズラは信徒への慈愛に満ちた事で知られてるので「女神様がオレにおやさしい言葉をかけてくだすった、ひゃほい!」とか、そんなお手軽な理由で人気なのだと思います。
 でも怒らせてはなりません。ヘタに裏切ると種族もろとも呪われたり痛いことされちゃうくらい、信頼を大切にする神さまなので。

 後、今回動画でにょこにょこ言ってすみませんでした。Skype久しぶりに使って、まさか音が入るとは夢にも思わなかったのです。つーか四方八方から「Skypeの音が〜」といじられました。ほんと、簡便してくださいorz。
 ってわけで、このあと告知が続いたりしますが一旦ここまでです。
 速いうちにpart.123でお会いしましょう。




続きを読む
posted by LED at 00:57 | Comment(4) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。