2011年07月28日

マイペースなオブリビオン part.121



 え゙〜まいど、おまたせしております、LEDで、ございまず。
 本日のシェフおすすめの言い訳は「新しい就職先に、毎日200kmの往復バス通勤する日々で眠い」となっております。

 新しい就職先に、毎日200kmの往復バス通勤する日々です。眠いです。

part.121。今回は、えー、どーいうわけか、なぜか明後日の方角に駆け抜けていくPAPICOですね。いやー、不思議だなぁ〜。
 どうしてこうなったかというとですね。そーいえば一党時代、シェイディンハルの魔法使いに「ここにアズラの祭壇あるよ」と教えてもらって「いつか行こう」と言ってて、そのまま忘れていたのを思い出したのが一つ。
 あともう一つの理由は…ハイ、もちろんアレです。わからない方は乞う、次回!(いつ?)

 しかし寄り道してて、終わる日が来るのでしょうか、この動画。オブリの次作であるスカイリムの発売も差し迫っているというのに…。



 今回の人物辞典は、コイツ。マイペースなオブリビオン序盤の山場クエスト「真実の絵筆」で登場したリュセ・ライサンダス画伯です。ゲーム世界的には有名な画家ですが、御存知の通り、当動画では画家本人より、画家という言葉のほうが有名です。
 なぜ年間貯蓄が5ゴールドなのか。金貨5枚だから、実際はすごいよね?などと真剣に考えてはみるのですが、2ゴールド前後でパンが売られる世界ではなんの説得力もないわけで…。
 なんでこんな貧乏なのでしょう、この人。絵画の世界で、木を描くのに一本1ゴールドとか払ってるんでしょうか。だとしたら、苦労人ですね。
 もし「オレの嫁」とか描こうとしたら、どんだけかかるのでしょう。考えるだけで恐ろしいコストになりそうです。
 言い値を出そう

 さて、今しがた動画をみたら市場に「白井黒子」のフィギュアが追加されてました。うん、そうそう。貼ろうかどうしようか悩んでたんです。誰か貼ってくれたんですね、ありがとうごz…
 て、おかしいおかしい!
 私はなんでこれを貼ろうか悩んで、なにに納得したんだろう。なぜ貼られたんだろう…よくわからない。疲れてるのでしょうか。あとでもう一回考えてみよう。

 てなところで、今回はここまでです。
 またいつか、part122でお会いしましょう。


【余談】
1. ゲームがフリーズする<(^o^)>
  ↓
2. いそいで再起動。焦って、part.117くらいのセーブをロードする
  ↓
3. 「あ、ファイル間違えちゃった」と思いつつ、ダンジョンから出る(オートセーブ)
  ↓
4. あら、最近ちゃんとセーブしてない。しゃーなしだ、オートセーブで復旧するか!
  ↓
5. 3.にもどる・・・(^q^)

教訓: 焦ってるときこそ、落ち着いて行動しましょう
posted by LED at 01:05 | Comment(5) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

マイペースなオビリビオン part.120


 2ヶ月以上のご無沙汰でございます、LEDです。
 なーにやってたかというと就活(20%)しながら遊んで(80%)ました。告知なしの失踪でご心配をおかけして正直スマンカッタ。

 で、長々とお待たせしたpart.120は「聖騎士のメイス」の試練にチャレンジするPAPICOが右往左往する回です。
 ここまでノーヒントだと、さすがにわけがわからない…。九大神関連クエストは、他クエストより「謎解き」要素が強いモノが多いわけですが、これって最難関の一つなのでは?という初回プレイの流れをトレースしています。
 これに比べると前回の謎解きは鼻でせせら笑うレベルです。さて、どうしたものか。


 で、今回の試練と賜られたのがこちら、九大神の一神にして労働と商売を司る神サマ。その名も「ゼニ」サール。働きたくない人にとっては邪神以外のなにものでもありません。

 この方の性質と、関わりがこの謎を解き明かすカギになっていて、本編中でも細かいヒントを出してます。さて、未プレイの方の何人が、解決変までに謎を解き明かす事ができるのか!?

 とはいえ、次回はコレとは関係ない内容になると思います。むしろ2・3話ほど、遺品回収とはまったく関係のないストーリーを展開する予定です。今のPAPICOは、前回の集団戦といい今回のゴースト戦といい、戦闘バランスに欠けていますからねぇ?

 動画の内容についてはこの辺で締めくくり、今後の公開時期につきまして。
 まったくめどがたっていません
 先日、新しい就職先から内定を頂きましたが、これがまた遠隔地になるので引越しの作業が必要になります。んで、新しい仕事と生活に慣れるまでそこそこ時間か必要なことと、すぐに回線を引っ張れないので、今回ほどではなくとも、ある程度の時間がかかるものと思われます。そこんとこ、ご了承ください。

 では、今回はこの辺で〜。

PS. 今回の動画を見るにあたり、あの伝説のアニメ「School Days」を初めて通しで見ました。うん、噂に違わない内容ですね。言葉と刹那を、まぁ除いたとしても、登場自分がまともなの誰もいねー。これを一言で表すに「誠死ね」は至高の一言でした。
posted by LED at 02:31 | Comment(4) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

マイペースなオブリビオン part.119



 まず、東日本で起きた大震災にて被災された方へのお見舞いを申し上げます。
 未曾有の災害であり二次災害も含めれば過酷に例を見ない被害が発生しておりますが、幸い私はそれらの直接被害とは無縁な場所に住んでおり、なんら変わりなく日常を過ごせています。
 とはいえ「水が売り切れ」とか「電池がない」とか「みつどもえBDとCDの発売が遅れた」とか「被災者受け入れ」等の間接的影響もありますし、動画見ていただいてる方々の中にも被災者がいるんだろうなー…と思うと少し落ち着かない気持ちにもなりますが、私が伏せていたところで何も起きないので、今できる事をして行きたいと思います。

 というわけで、part.119。
 今回はオブリ髄一(というか唯一)と名高い謎解きダンジョン攻略。とはいえ、このゲーム自体が謎解きゲーム向けに作られてはいないので、そんなに難しい内容ではないのです。
 1つ目の床スイッチパズルは、前回のとおり横のロウソクの数に従ったスイッチを押せばいいのですが、スイッチ自体も正解と不正解で音が違うため、それを頼りに力押しも可能な親切設計。ぶっちゃけ、失敗したら「イビルアッパー」が発動するくらいの難易度はあってもよかったのでは?と思います。
 2つ目は、謎解きゲーでは定番の石像スイッチ。サドレッド卿のヒントに関係なく、全ての石像を中央に向かせれば真ん中に立たなくてもおkという適当設計。失敗したら「イビルクロー」が発d(ry
 んで、3つ目の最終試練。「出現するシンボルとアイテムに関連はない」ことに気づけばおkという、さわやか仕様。間違ったアイテムを入れたら「アルデバr(ry

 と、謎解きが好きな人にはカンタンなものばかり。こんなのノーヒントでいけて当ぜ…
 ごめんなさい、嘘つきました。床スイッチは事前にOblivion Wikiみてましたごめんなさいでも事故なんですゆるしてください。

 しかし基本、殺伐とするばかりのオブリダンジョン'sの中で、ポッとこういう趣向のダンジョンがあると、それだけで楽しくなります。TES5では、もちょっとこんなのが増えてくれると嬉しいのですが…

 あぁ、そういえばPAPICOが盾を手に入れましたね、盾。なにやらいけ好かない盾ですよ。えぇ。



 今回の人物?辞典は「聖騎士の盾」の創造主であり、砦の製作者ヘンリック卿の信奉神。知恵と論理の神ジュリアノス。いじょ。
 いや、特に思い入れもなく、本編に登場しない神サマなので書くことないんですよ…。敢えて言うなら「手に持ってるのがトライフォースにしかみえねーよ!!」ってくらいで。
 なんで三角なんだろう。「知恵」や「論理」だかのワードで、なにか関連性があったような気がするのですが、どうにも思い出せません。ご存知の方がおられましたらコメント欄に書いていただければ私がスッキリします。

 はい、と言うわけで今回はここまで。
 来週くらいから就職活動に入るので更新頻度がますますアレするかもしれませんが、また次回お会いしましょう。

posted by LED at 23:34 | Comment(2) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

マイペースなオブリビオン part.118




 こんにちは、LEDです。2月中頃にご提供予定だった動画を半月遅れでご提供です。
 理由は後ほど。

 改めまして、part.118です。
 前回に引き続き戦闘回でござんす。ただし、今回は敵さん方は「質より量」をテーマに、非常にいやな立ち回りをするステキ衆が倍プッシュの攻撃を仕掛けてきます。死ねばいいのに。
 いや、敵の問題が全てではなく「私がヘタ」というのは、よ〜く分かっています。編集していて「なんでコイツはジャンプしとんの」と呆れ返り「首切りミスりすぎだろ」と突っ込み「どう料理すりゃええの、これ」と頭抱えたくらいです。
 再録画も考慮しましたが…このダンジョンの特性がアレなので、それも無粋かと思いgdgdなままの垂れ流しです。
 あえて言い訳するなら私、本当にオブリで集団戦やったこと少ないんですよ。どう立ち回っていいのか分からない。ついでに、最近の更新間隔が伸びてることによりオブリのプレイ時間が短くなる→ヘタ化、という悪循環も働いている気がします。
 このままで本当にウマリル…?とかいうのは倒せるんでしょうか? それ以前に、この旅は完遂できるのでしょうか。すっごい不安です。

 さて、今回の人物辞典。
 今回は前回の続きみたいなものです。



 前回の「ローランド」に対する「セリデュール」。タマネギ頭がチャームポイントだった吸血鬼。
 この動画の序盤に登場する「ボス」ではあるのですが「ときめきメモリアル洞窟」でヘンな兜を被ったために「うわぁ、タマネギに芽が出た!」と驚いた意外に、特に思い入れがありません。
 強さに関しては「二次元の悪夢」のほうが凄かったし、タマネギ単体としても「アレ」のインパクトには程遠いし、直後のエクエクはおいしいし…全てにおいて「引き立て役」でした。残念。
 そんな存在なので、テキトーな画像にしようと撮影したら、なぜかイケメンぽい角度に。イラッときた。



 こちらは、「ソ」に対するアーガミル。
 旅を始めたPAPICOの最初の「敵」であり「ボス」的存在でしたが、あまり存在感がないのと死に様がショボいのとで忘れられがちな空気…だったのですが、なんとなく「このゲーム、こんな事もできるんだよ」と紹介のつもりでポージングとらせたら、エラく定着するという予想外な存在感を示したという点では…やっぱり印象に残りません。「飛翔」ばかりが先行して、こいつが「飛翔」の発信源だということを撮影直前まで忘れてました。
 つか、飛翔ってこんなポーズでしたっけ?最近やってないから忘れちゃった。

 さて、次回ですが…ある意味、今回より地味になる気がする。どうしようか。なんとかなるかな。
 では今回はこの辺で。
続きを読む
posted by LED at 04:49 | Comment(3) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

マイペースなオブビオン part.117



 こんにちは、LEDです。
 part.117をお送りします。

 一番カンタンそうだ、という理由で「聖騎士の盾」を手に入れるべく「バルウォーク砦」に向かったPAPICO。
 「砦なんだから、そりゃ敵いるだろ」という常識も忘れた結果がごらんの有様でございます。
 最近は、投稿スパンと比例して撮影スパンも長くなっているので戦闘のテクニックも忘れ気味なのが災いしたのか。はたまた、ずーっと前にアップした難易度がいまさら影響したのか…
 多分両方です。ちっと精進する必要があるようです。
 しかしCTDはないだろう、CTDは。散々打ちのめされた後のコレで、完全に心が折れちゃったよ…
 CTD時は撮影データが壊れる事があるので、それがなかった事がわずかな救い。

 以下、今回の人物辞典。





 懐かしい二人です。
 特に直近で登場させておきたい人がいなかったから、という極めて消極的な理由でのみの登場。今後出番が在るかといえば…ない。ないんだよ…たぶんね。
 それにしてもウッドエルフ(ソ)を見ると、なんかイラッと来ますね。絶対、タマネギのせいだ。なんか腹たってきた。またうっかり死んでもらおうかしら。きっとローランドも協力してくれるはずです!!(初代タマネギ的な意味で)

 では、今回はこの辺で。

Q. インディー・ジョーンズを思い出す
A. むしろ意識しまくりです。
 動画初期の頃からやりたかったのですが、私の技術と環境がやっと揃って実現できました。

posted by LED at 23:26 | Comment(2) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。